男の子

基礎的なことから徹底的に学べる小学生からの英語学習

幼い頃からの語学教育

ガール

人間は年を取ると頭が固くなり新しい知識を受け入れにくくなります。英語教育を始めるなら早い時期の方が良いでしょう。保育園に通っている頃から英語の勉強を始めれば周囲の子に差をつけることができ、優越感で勉強を好きになれます。

子供の教育に役立つ場所

子供たち

小学校就学前に子供を幼稚園に入れれば、必要な勉強を受けられるため一年生になっても戸惑いません。福岡市で子供を幼稚園に預けてから両親共働きになりたい家庭では、給食の出る幼稚園に入園させましょう。また通園用のバスがあると便利です。

基礎的なことを学ぶ

男女

音に慣れる

小学生から英語を学ぶことは、その子の将来にプラスになります。英語は仕事で使われることも多く、会社の公用語になっている場合もあります。小学校のうちから勉強しておけば、大人になった時に英語を使える人材になれるでしょう。まずは英語の親しみを持って、きちんと発音できるようにすることが大切です。小学生のうちから難しい英文法を学ぶ必要はありません。英語の発音は日本語の発音と大きく異なっており、日本人には難しいものが多くあります。大人になってからそれを学習するのは簡単ではありません。しかし、小学生のうちは脳が柔軟に働くので、英語の音を覚えやすいです。スクールに行って学んでも良いですし、ネイティブが録音した教材を聞いて覚えても構いません。歌を歌ったり、ゲームをしながら覚えるのが良い方法です。

体で覚えるようにする

体で覚えたことは、時間がたっても忘れません。小学生のうちに、頭ではなく体を使って英語を覚えるようにすれば、それを流暢に使えるようになります。具体的には、発音して文の中で覚えるようにします。長い文を覚える必要はありません。主語と動詞、目的語などで構成された短い文を暗記していきます。短い文章だったら、小学生でも負担にならずに覚えることができます。覚えたら、声に出して実際の会話のようにその文を使うようにします。これを繰り返すことで、英語を体で覚えられるようになります。中学入学が近づいてきたら、基本的な文法を覚えても良いでしょう。現在進行形の作り方や動詞の過去形などを勉強します。この時も例文を覚えて、それを声に出して暗記することが大切です。

園選びのポイントです

帽子

福岡市には特色のある保育をしている幼稚園が数多くあります。お子さんに合った園を選ぶには、実際に見学してみることが大切です。延長保育や課外保育を実施している園も多くあるので、夫婦揃って共働きをしている家庭でもお子さんを幼稚園へ通わせることが可能です。

Copyright © 2017 基礎的なことから徹底的に学べる小学生からの英語学習 All Rights Reserved.